昼間過程と通信過程:美容師の資格を取得しよう!


>>ケイコとマナブで美容師の通信講座を探す

昼間過程と通信過程

美容専門学校の昼間部の場合は高校卒業の証明が必ず必要です。男女共学で2年通学しないといけません。一般入試、推薦入試など願書提出の期間は学校によって変わりますので、しっかり確認しましょう。入学後の時間帯でいいますと、朝9時頃から授業が始まります。1日の中で学科と実地の授業があります。全ての授業を終える時間は3時?4時頃で、高校生活の時間帯とほぼ変わりない毎日が始まります。

通信部では、男女共学で修業年限として3年要します。入学資格は中学校卒業以上です。通信部の人は昼間、美容室で働きながら勉強をしている人が多いので、入学願書と一緒に提出する書類として最終学校の卒業証書また卒業証明書、規定の写真4枚と選考料金そして、従業証明書が必要です。従業証明書とは、入学願書を出す時点で、自身が働いている美容室の責任者に書いてもらう証明書です。選考の方法は中学校卒業者のみ面接が行われます。

通信部も、年間のうち何日か学校まで来て勉強を受けないといけない日もあります。美容師免許を早く取得したいならば、2年で昼間部を卒業したほうが良いかもしれませんが、通信は勉強をしながら平行して実践的に美容室で働くので3年かかりますが技術的には昼間部の人よりも、早く一人前になると思いますね。

美容師は免許を必ず取得しなければいけませんが、肝心なのは現場で直接お客様に接して度胸をつけて、その回数によって技術も接客の心得も向上していくのです。

カテゴリー:美容専門学校とは

>>美容師の通信講座について詳しく見る


昼間過程と通信過程:関連記事

入学金や年間費用について
専門学校の場合は、入学金や年間にかかる費用は、かなりかかるものです。美容専門学校によっても値段の上限...

美容専門学校の入学に必要なもの
美容専門学校に入学するには、昼間部と通信部によって受け付け方に違いがありますが京都美容学校で、例えま...

カリスマ美容師と呼ばれ人気のある有名な方は給料も良くて、 一般では考えられない程の年収の方も居ます。そのため、美容業での就職を憧れる方も多いのではないでしょうか。

しかし、本音を言うと技術習得までには時間も掛かりますし、国家資格ですから試験に合格する必要があります。また、就職してからは、美容院で見習いから始めて、地道に技術を学んで行く必要があるのです。

なかなか険しい道のりですが、頑張れば独立して、収入アップも見込める職業です。 当ブログでは、資格取得・免許取得を目指す方を応援します!