美容理論・衛生法規・消毒法:美容師の資格を取得しよう!


>>ケイコとマナブで美容師の通信講座を探す

美容理論・衛生法規・消毒法

美容専門学校の教科には、国家試験の筆記試験に出る美容に関する論理的な観点から、心と体の美と健康を追究した"美容理論"を学習します。

美容師になるには、ただ技術を身につけるだけではいけません、お客様の体(頭皮)に直接触る仕事なのですから、清潔な状態で施術しないといけませんしその為にも、"衛生法規"を学ばないといけません。病院の看護士を目指す人が学ぶ科目と同じ分野になりますね。そして"消毒法"も国家試験に出される科目です。

頭皮を直接触る仕事が美容師ですが、触るだけでなく、パーマ液や毛染めの液、すなわち科学的に調合した薬物を頭に塗布します。それは、簡単なことではなく本人がお客様の体質やその日の体調を把握して施術しないと大変なことになり兼ねません。たとえば、パーマ液や毛染めの液に負けてしまうような敏感肌体質のお客様にパッチテスト(アレルギーテスト)を行わずに施術してしまい、お客様の皮膚に異常反応が出てしまうケースがあります。

あと、美容室には開業時に保健所からの規定として、カット用シザー・剃刀・ヘアブラシを保管しておく感熱滅菌消毒器を設置し、一回一回使用した後その消毒器に戻さないといけません。万が一カットシザーに菌が付いていて消毒されていないまま、同じシザーで多数の頭をカットすると菌が移る場合があります。その時は大問題となり、保健所からも店の営業停止を通告される事もあるのです。それだけ美容師にとって重要な科目なのです。

カテゴリー:学科の授業

>>美容師の通信講座について詳しく見る


美容理論・衛生法規・消毒法:関連記事

伝染病学・公衆衛生・皮膚科学
国家試験に必ず出される衛生法規・消毒法も重要科目ですがそれと同じく伝染病学・公衆衛生・皮膚科学も美容...

カリスマ美容師と呼ばれ人気のある有名な方は給料も良くて、 一般では考えられない程の年収の方も居ます。そのため、美容業での就職を憧れる方も多いのではないでしょうか。

しかし、本音を言うと技術習得までには時間も掛かりますし、国家資格ですから試験に合格する必要があります。また、就職してからは、美容院で見習いから始めて、地道に技術を学んで行く必要があるのです。

なかなか険しい道のりですが、頑張れば独立して、収入アップも見込める職業です。 当ブログでは、資格取得・免許取得を目指す方を応援します!