筆記試験:美容師の資格を取得しよう!


>>ケイコとマナブで美容師の通信講座を探す

筆記試験

美容師国家試験の筆記試験は100分間、50問で60点以上の人が合格となります。

出題内容について多く出されているのが、美容室の開設について、美容師試験について、美容師免許について、美容の業について、などの関係法規制度です。続いて、消毒に関係する課目で公衆衛生や感染症、美容室内の環境衛生などの衛生管理です。続いて、骨格や内分泌に関係する課目や、皮膚疾患、皮膚の構造いわゆる皮膚科学などの美容保健です。続いて、香粧品科学や高分子化合物、コロイドや界面活性剤、熱や酸と塩基に関係した項目の美容の物理化学です。そして、美容理論からは、シャンプーやカラーリング、ヘアカッティングや美容用具などの広い範囲から出題されています。

美容師の国家試験はこれだけ沢山の科目から出題されるので受験者側からすると、難しそうな問題で緊張し勝ちですが、物は考えようです。この試験は決して落とす為ではなく、技術的にも、知識的にも安全な施術ができる美容師になって貰う為に出題されるので肩の力を抜いて受験して貰いたいです。

参考として第18回の国家試験の日程ですが、筆記試験の試験日は平成20年9月7日です。実技試験は2ヶ月前の平成20年7月21日からです。共に合格発表日は平成20年9月30日です。国家試験を受ける頃は、美容専門学校を卒業して順調に就職先が見つかれば、すでに美容室で働いていますので仕事をしながら受験勉強をすることになりますね。少し大変かとは思いますが万が一不合格でも、高校受験とは違って後があるので余り気負いせず受験日に望んで貰いたいですね。

カテゴリー:国家試験

>>美容師の通信講座について詳しく見る


筆記試験:関連記事

国家試験の体験談
現在の実地試験では皆、ウイッグを使用して試験に挑むわけですが、20年前の京都の国家試験の実地試験は、...

美容師の申請
美容師の国家試験(学科・筆記共)に合格した方は、申請をしなければ免許は貰えません。合格後、美容師名簿...

実技試験
国家試験の実技試験は、実際に美容室で現場に出た時に生きる実践の試験なのでお客様の頭に触るまでの度胸試...

美容師になるためには
美容師をこれから目指す人は、まず美容専門学校に通い卒業してから、国家試験を受けます。学科試験と実地試...

カリスマ美容師と呼ばれ人気のある有名な方は給料も良くて、 一般では考えられない程の年収の方も居ます。そのため、美容業での就職を憧れる方も多いのではないでしょうか。

しかし、本音を言うと技術習得までには時間も掛かりますし、国家資格ですから試験に合格する必要があります。また、就職してからは、美容院で見習いから始めて、地道に技術を学んで行く必要があるのです。

なかなか険しい道のりですが、頑張れば独立して、収入アップも見込める職業です。 当ブログでは、資格取得・免許取得を目指す方を応援します!