国家試験の体験談:美容師の資格を取得しよう!


>>ケイコとマナブで美容師の通信講座を探す

国家試験の体験談

現在の実地試験では皆、ウイッグを使用して試験に挑むわけですが、20年前の京都の国家試験の実地試験は、まだ昔ながらの方法で実際の人(モデル)を連れて行って試験に挑んだんです。

ウイッグなら皆平等の頭の大きさで全て均等ですが、人間のモデルは頭の大きさや髪の量もまちまちで、施術する所要時間も違ってくるので頭の小さくて髪の量も普通から少ない方のちょうど良いモデル探しにまず、四苦八苦しました。

結局、私には姉がモデルとなってくれました。そのモデルさんにも苦労があって、試験日まで練習しないといけないので、ちょうどロッド巻きしやすい長さの全頭根元15センチの長さにカットさせて貰うんです。でもこれが中途半端なセットのしにくい髪形なので、モデルになった人は試験日までの数ヶ月この"ダサい"髪型で過ごさないといけなくて、私も姉には申し訳ないな、、と思ってましたね。

試験当日は受験者はモデルをそれぞれ連れて試験会場にきます、笑えたのは、モデルは女性もいれば男性もいて皆同じあの中途半端な髪型なんで滑稽に見えましたよ。そして試験は事前に過去の試験問題を何種類も練習してきていたのでモニターに出題を写されて試験開始になった瞬間は、案外落ち着いて施術できました。サイドがロッド巻きで反対サイドがウェーブで、トップとバックがローラーカールだったことを覚えています。

時間内に仕上げられて一回で合格したのですが、私の時はモデルさんに何回も試験勉強に付き合って貰うのも気を使うので、その意味でも一発合格して良かったと思いましたね。やはり、事前に何回も色んなパターンの練習を重ねていたので、当日は焦らないで落ち着いて対処できたのだと思います。

カテゴリー:国家試験

>>美容師の通信講座について詳しく見る


国家試験の体験談:関連記事

美容師の申請
美容師の国家試験(学科・筆記共)に合格した方は、申請をしなければ免許は貰えません。合格後、美容師名簿...

実技試験
国家試験の実技試験は、実際に美容室で現場に出た時に生きる実践の試験なのでお客様の頭に触るまでの度胸試...

筆記試験
美容師国家試験の筆記試験は100分間、50問で60点以上の人が合格となります。 出題内容について多く...

美容師になるためには
美容師をこれから目指す人は、まず美容専門学校に通い卒業してから、国家試験を受けます。学科試験と実地試...

カリスマ美容師と呼ばれ人気のある有名な方は給料も良くて、 一般では考えられない程の年収の方も居ます。そのため、美容業での就職を憧れる方も多いのではないでしょうか。

しかし、本音を言うと技術習得までには時間も掛かりますし、国家資格ですから試験に合格する必要があります。また、就職してからは、美容院で見習いから始めて、地道に技術を学んで行く必要があるのです。

なかなか険しい道のりですが、頑張れば独立して、収入アップも見込める職業です。 当ブログでは、資格取得・免許取得を目指す方を応援します!