美容師に適する(長続きする)性格:美容師の資格を取得しよう!


>>ケイコとマナブで美容師の通信講座を探す

美容師に適する(長続きする)性格

美容師という仕事は一見、華やかな世界の仕事に見えますが、実際のところ技術を全て習得するまでには個人差がありますが最低5年はかかります。一人前と認められるまではひたすら同じ事の繰り返しの特訓あるのみなんです。

それは美容専門学校から始まり、パーマ用のロッド巻き・セットのためのカーラー巻き・カットウイッグ(頭だけのカット用練習マネキン)でカットの練習など何回何十回と繰り返しの作業で、スピードアップさせてしかも綺麗に仕上げる練習を美容学校卒業後、就職したあとも何年かは続けないといけません。美容室勤務につけても仕事を終えたあとに店内が一転、練習場になり毎日猛特訓で腕を磨いて行きます。

人にはそれぞれ性格的に合う・合わないという適職がありますよね、美容師の場合は実際のところは華やかでお洒落なイメージよりもまず、手先を細かく動かす作業を何回も何年も続ける仕事だと頭において、そういった作業が得意な人好きな人でないと無理かもしれません。


華やかなイメージだけを優先して美容学校へ入学した人の3分の1は、入学して半年しない間に辞めてしまう傾向があると聞きます。現に私自身が美容学校へ入学した年も1クラス分の人が、自分の持つ美容界のイメージとギャップが大きかったのか辞めていきました。

メディアに出てくるような有名なヘア・メイクアップアーティストに憧れて、この世界を目指す若い人も多いと思いますが、専門職は何でも、訓練あるのみで第一線に出られるのです。決して安易に誰でもなれるものではありません。その所をしっかり頭に入れて覚悟を決めるくらいの気持ちで美容学校に入学された方が良いかもしれません。

カテゴリー:美容師の仕事について

>>美容師の通信講座について詳しく見る


美容師に適する(長続きする)性格:関連記事

美容師と理容師との違い
美容師と理容師(散髪屋さん)の違いは似ているようで大きく違いがあります。 美容は、美容師法第2条から...

美容師を職とする辛さ
美容師の仕事自体が好きで、見習いから店で働くことになった人でも、続けたくても続けていけない人がいます...

美容師を職とする喜び
昔から、「髪結いの亭主は左うちわで暮らせる」などと、"髪結い"すなわち美容師(ヘア・メイクアップアー...

カリスマ美容師と呼ばれ人気のある有名な方は給料も良くて、 一般では考えられない程の年収の方も居ます。そのため、美容業での就職を憧れる方も多いのではないでしょうか。

しかし、本音を言うと技術習得までには時間も掛かりますし、国家資格ですから試験に合格する必要があります。また、就職してからは、美容院で見習いから始めて、地道に技術を学んで行く必要があるのです。

なかなか険しい道のりですが、頑張れば独立して、収入アップも見込める職業です。 当ブログでは、資格取得・免許取得を目指す方を応援します!