見習い:美容師の資格を取得しよう!


>>ケイコとマナブで美容師の通信講座を探す

見習い

美容室に入店してから、まず最初にする仕事といえばシャンプーですね、でもそれ以上に大切な見習いの仕事はお客様に対しての"笑顔"と大きな"返事"です。あとは綺麗に掃除をすること。

見習いは名のごとく、見て習うものですからまだお客様に施術ができない内は先輩の施術をじっくり盗むように見ておかないといけません。そして自分が課せられている仕事を真っ直ぐな気持ちで取り組みましょう。

入店してシャンプーが続く日々が暫く続きますが、シャンプーは殆どのお客様に関われる機会なので、会話ができる範囲でお客様の気性や好みなど知ることができます。シャンプーを何人も続けて施術していると、背中も腰も痛くなったり手荒れもきつくなるでしょうが、シャンプー時にしかできないお客様との交流のきっかけでもあるので、めげずに乗り越えていきましょう。シャンプーガールの見習いから中習になれたときに、いざお客様に直接触る日がきてカットやワインディングをする段になってもお客様と少しでも親しくなれていれば、初めての緊張からあがってしまう事も少ないと思います。

また、美容師見習いだけでなく、接客業全体の心得として一番大事なのは笑顔と、いらっしゃいませ・有り難うございました、の言葉ですね。来店時に笑顔で迎えられると嬉しいものです。常にお客様の立場に立って考えられる美容師であってほしいです。

美容師の仕事はお客様に気配りしなければいけない事、あとは店の先輩や先生にも気配りが必要です。この職業は、やはり女性が中心の職場なので人間関係でも難しいところがあるかと思いますが、自分の技術を習得する最大の目標を心に強く持って見習い時代を乗り越えてほしいと思います。

カテゴリー:美容室に就職

>>美容師の通信講座について詳しく見る


見習い:関連記事

中習技術者
美容室に入店して見習いから始め、その数ヶ月後順調にいけば、国家試験も合格し晴れて国も認める"美容師"...

就職する時の美容室選び
美容専門学校を卒業すると、今度は自分に合った長続きできる就職先を探さないといけません。美容室といって...

カリスマ美容師と呼ばれ人気のある有名な方は給料も良くて、 一般では考えられない程の年収の方も居ます。そのため、美容業での就職を憧れる方も多いのではないでしょうか。

しかし、本音を言うと技術習得までには時間も掛かりますし、国家資格ですから試験に合格する必要があります。また、就職してからは、美容院で見習いから始めて、地道に技術を学んで行く必要があるのです。

なかなか険しい道のりですが、頑張れば独立して、収入アップも見込める職業です。 当ブログでは、資格取得・免許取得を目指す方を応援します!