中習技術者:美容師の資格を取得しよう!


>>ケイコとマナブで美容師の通信講座を探す

中習技術者

美容室に入店して見習いから始め、その数ヶ月後順調にいけば、国家試験も合格し晴れて国も認める"美容師"となれます。でも技術がそこに伴わないといけませんよね。学校を卒業してすぐ国家試験に合格して免許を取得しても、一人前とはいえません。見習いか、中習と言われるでしょう。

一番認めて貰わないといけないのは、その店に来店されるお客様一人一人の評価なのです。その店の客層にも寄りますが、子供からお年寄りまでオールマイティーに施術できるくらいになるまでは、5年はかかりますね。まず、お客様に接して会話をしながら、丁寧かつ、早く手を動かして施術できる積み重ねあるのみです。お客様によっては、会話が好きな方もいれば苦手で寡黙な方もいます。

でも普段よくお喋りされる方でも、その時の体調によっては会話したくない時もあるのです。美容師はその日来店されたお客様の機嫌や体調を察知して、心地良く店内で過ごされるように心遣いできないといけません。その上に技術も満足して頂かないといけないので難しい職業といえます。

その分、醍醐味や、やりがいもあるのです。パーマに来られた方の場合、大体カットも一緒にされるので所要時間は髪の長さにもよりますが最低2時間はかかりますね。その2時間の中で、待ち時間に雑誌ばかり渡すのではなく、自分から進んで話題提供して会話を楽しくさせたり、空調など(寒いか熱いかを)お聞きして快適に過ごして貰う事も大事な仕事なのです。それを全てこなせる様になった頃、一人前の美容師、技術者になれるのだと思いますね。

カテゴリー:美容室に就職

>>美容師の通信講座について詳しく見る


中習技術者:関連記事

見習い
美容室に入店してから、まず最初にする仕事といえばシャンプーですね、でもそれ以上に大切な見習いの仕事は...

就職する時の美容室選び
美容専門学校を卒業すると、今度は自分に合った長続きできる就職先を探さないといけません。美容室といって...

カリスマ美容師と呼ばれ人気のある有名な方は給料も良くて、 一般では考えられない程の年収の方も居ます。そのため、美容業での就職を憧れる方も多いのではないでしょうか。

しかし、本音を言うと技術習得までには時間も掛かりますし、国家資格ですから試験に合格する必要があります。また、就職してからは、美容院で見習いから始めて、地道に技術を学んで行く必要があるのです。

なかなか険しい道のりですが、頑張れば独立して、収入アップも見込める職業です。 当ブログでは、資格取得・免許取得を目指す方を応援します!